聖 マタイ の 召命。 [B! 美術] 『聖マタイの召命』カラヴァッジョ作品の解説

マタイ

✔ なお、アレクサンドリアのクレメンスはマタイが宣教師としての地を離れたのはイエスの刑死の12年後と伝えている。 今日はここまで。 実際、この礼拝堂に入って絵を見ると、この絵は決して正面から見られることはない。

聖マタイの召命とは

✌ 彼が6歳の時、当時猛威を振るっていたペストから逃れるためにこの村にやってきました。

1

アート&バイブル 61:聖マタイの召命

⚐ カラヴァッジョの新しさ、それは全体ではなくある部分にだけ光を当てることでした。 両手の袖も赤い。 5度以上の熱が出たことない 、かかると大変だということでワクチンを打ちました。

1

カラヴァッジョ「聖マタイの召命」 蛇の化身イエスの食人

👐 一方でマタイを含むテーブルを囲う人たちは強烈な光が降り注いでいるのが分かります。 テーブルに座っている人々の内、右の三人は、キリストとペテロがやってきたのに気づき、顔を上げている。

14

マタイ

🤗 そして画面中央から右側にかけては聖マタイを始め収税所に集う複数の人物が配されており、本作中に登場する人物で聖マタイと解釈できる者は、指を指す髭を生やした初老の男、うなだれて金貨を見つめる男など複数人存在しているが、現在では画面左端のうなだれる男が聖マタイであると位置付けられている。

18

[名画の読解力]派手で力強い美術が特徴─バロック

⚑ その直前を描いたということになる。 カラヴァッジョ作『聖マタイの召命』 『聖マタイの召命』作品解説 『 聖マタイの召命』は、初期バロック美術の巨匠・による油彩画。 カラヴァッジョも蛇神に魂を売ってその技術を手に入れたことがこれで分かった。

2

アート&バイブル 61:聖マタイの召命

🤫 そしてそしてこの絵が飾られた当初から髭がマタイであると多くの文献に書かれているそうです。

13

マタイ

🖐 それなのに、マタイは立ち上がり、イエスに従うのである。 未だにでは真ん中の髭の男がマタイであるとする認識が一般的だが、髭の男は自分ではなく隣に居る若者を指差しているようにも見え、カラヴァッジョ作品では人差し指は第三者を指す場合用いる事、髭の男は金を支払う手つきをしており、若者は右手でその金を数え左手で財布を握りしめている事から、この左端の若者こそが聖マタイであると考えられる。 ただ次の瞬間には、イエスのもとに駆け寄るであろう緊張感が本作には漂っています。

18

マタイ

🤞 (マタイはどの男か議論されて来て結局若者の方らしいがそれは僕にはどうでもいい。 39歳に満たない生涯で、その創作活動は約10年の間に集中しています。 分からないままに提示してゆく。

4