ノボラック レゾール。 ノボラック型クレゾール樹脂及びその製造方法

フェノール樹脂

🚒 【解決手段】 アルデヒド類とフェノールとを、〔アルデヒド類〕/〔フェノール類〕=0.3〜0.6〔モル比〕となる割合で反応させて得られたノボラック樹脂(A)とアルデヒド類とを反応させることを特徴とする水溶性レゾール樹脂の製造方法。 229940095076 benzaldehyde Drugs 0. 【請求項5】 前記メタクレゾール(m)とパラクレゾール(p)との配合比率(m)/(p)が、80/20〜20/80である請求項1乃至4のいずれかに記載のノボラック型クレゾール樹脂の製造方法。 このため、反応性の低いパラクレゾールの重合反応も進行し、結果としてノボラック型クレゾール樹脂が高収率で得られるものと考えられる。

5

JPH09132624A

🤐 ところが酸触媒とは違ってアルカリ触媒では,「-CH 2OH」が「 CH 2」に変化しにくいため,縮合反応が起こりにくいのです。 18であった。 229920005989 resin Polymers 0. 当サイトではIPDL(特許電子図書館)の公報のデータを著作権法32条1項に基づき公表された著作物として引用しております、 収集に関しては慎重に行っておりますが、もし掲載内容に関し異議がございましたらください、速やかに情報を削除させていただきます。

ノボラック型クレゾール樹脂及びその製造方法

🤜 229920003986 novolac Polymers 0. 000 description 3• 000 claims description 8• 000 title abstract 2• 単色 ポリエステル化粧合板• 238000004519 manufacturing process Methods 0. 【0026】 このようにして得られた樹脂組成物に対して、マスクを介して露光を行うことで、露光部においては樹脂組成物に構造変化が生じてアルカリ現像液に対しての溶解性が促進される。

フェノールレジン(有機結合用)

🤛4.固形樹脂:ノボラック樹脂(A)とアルデヒド類とを、又は、ノボラック樹脂(A)、アルデヒド類とフェノールとを触媒存在下それぞれ反応させる際に、触媒にアンモニアやヘキサメチレンテトラミンを用いて高分子量化し、水分や溶剤を除去し、固形の形態にすることが可能であり、これを、粉砕した製品を得ることも容易である。

フェノール樹脂とレゾールの違いはなんですか?

🖖 【0039】 【表1】 【0040】 表1の結果から明らかなように、本発明の製造方法により得られた実施例1〜5の本発明のノボラック型フェノール樹脂は、上記製造方法によらない比較例1〜5に比較して、重量平均分子量、遊離モノマー及びアルカリ溶解時間(ADR)は同等であったが、収率に関しては大幅に高いものであった。 1 JIS K 6911 引張強さ MPa 38 43 JIS K 6911 引張弾性率 GPa 4. 239000000835 fiber Substances 0. 【請求項12】 水溶性レゾール樹脂の残留フェノール量が1重量%以下である請求項10に記載の製造方法。 28 JIS K 6911 曲げ強さ MPa 53 80 JIS K 6911 曲げ弾性率 GPa 12. なお, レゾールを一段法成形材料, ノボラックを二段法成形材料ともいう。

10

レゾール樹脂の製造方法

💔 75であるノボラック樹脂(Ib)を得た。

7

砥石用

😃 000 description 1• 【0009】 本発明に用いる(A)成分であるノボラック型メタパラクレゾール樹脂に用いられるモノマー類としては、メタクレゾールとパラクレゾールを用いる。 【0007】また、本発明は、アルデヒド類とフェノールとを、〔アルデヒド類〕/〔フェノール類〕=0.3〜0.6〔モル比〕となる割合で反応させて得られたノボラック樹脂(A)とアルデヒド類とフェノールとを反応させ、フェノール残留量が、得られたレゾール樹脂の5重量%以下であるレゾール樹脂の製造方法をも提供する。

4