自動車 工場 停止。 【6/22速報】新型コロナによる自動車メーカー国内工場の操業停止情報まとめ

自動車整備事業者の行政処分

✆ インドを上回るペースで拡大が進むマレーシアでは、6月1日から全土でロックダウン(都市封鎖)に踏み切り、トヨタ自動車やホンダなどが工場停止を余儀なくされるという。 両社とも6月の減産規模は明らかになっておらず、一時的に生産が減る分は下期にかけて挽回する計画を立てている。 トヨタは高岡工場や田原工場など国内5工場の一部ラインを3~9日程度停止するほか、マツダは本社工場と防府工場の操業を13日間停止することに加え、8日間は昼間のみの生産にとどめる。

1

2021年2月の地震影響による国内工場の稼働について(2/16時点)

🙃 コンパクトカーを生産するトヨタ自動車東日本(TMEJ)の2工場を6月中に3~8日間、止める。 トヨタ自動車は6月に国内の7工場10ラインを一時停止し、3工場5ラインで2交代勤務(2直)体制を1交代勤務にする。

7

トヨタ 半導体不足で2工場来月稼働停止へ 約2万台の生産に影響

😈 新型コロナウイルス感染拡大の影響で自動車生産や販売が落ち込み、今期は四半期累計で赤字に陥る競合他社も多い中、トヨタはお家芸のコスト削減などで黒字を確保して底力を見せた。 3 自動車検査員は、検査の一部を実施していないにもかかわらず、保安基準に適合する旨の証明をした。

1

SUBARUが7月も生産一時停止、スズキも検討 半導体不足続く

😙 トヨタは子会社のトヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)やグループの日野自動車などを含め車両を生産する全15工場について、6月の各金曜日(4日間)を非稼働日に設定する。

3

トヨタの時価総額30兆円超、感染急拡大のマレーシアは工場停止[新聞ウォッチ]

☕ 今回、そのトヨタにも半導体不足の影響がついに及んだ格好だ。 パッチを適用してリスクを取り除くには稼働停止が避けられず、常にこの方法をとれるとは限りません。

10

スズキと日産、6月も国内で一時減産 半導体不足続く=関係筋

👈 新型コロナウイルスの感染拡大の影響が日本国内の自動車の生産で続いている。 半導体の手当てがつきしだい挽回生産する方針だ。 国内生産は同46・7%減の41万2587台と大幅に落ち込んだ。

6

トヨタ、半導体不足により国内工場で生産停止 「ヤリスクロス」「C

🤜 スマート工場化が加速する一方で高まっているのがサイバー攻撃のリスクである。 野村証券の桾本将隆アナリストは4月中旬のメモで、ルネサス工場の火災に伴う半導体不足の深刻化で、日系自動車メーカー7社の世界生産は今期上期(4-9月期)に135万台減少すると予想。

5

自動車メーカー、6月も国内の生産調整続く。需要回復はいつ?(ニュースイッチ)

🌏 新型コロナウイルスの感染拡大の影響が日本国内の自動車の生産で続いている。 6 自動車検査員は、検査の一部を実施していないにもかかわらず保安基準に適合する旨を証明した。 一方、中国は生産活動の再開の動きが出ている。