ネット ワン 循環 取引。 循環取引はIT業界の商慣習なり!~今度は東芝子会社など5社が架空取引(前):【公式】データ・マックス NETIB

東芝子会社で発覚、広がる「架空取引」の波紋

📱 主導した会社以外は知らないうちに循環取引に組み込まれている可能性がある。 東芝ITサービスのほか、東証一部上場のネットワンシステムズ、東証一部上場の日本製鉄の子会社日鉄ソリューションズ、富士電機の子会社富士電機ITソリューション、みずほフィナンシャルグループのみずほリースの子会社みずほ東芝リースの5社。

IT業界の「悪癖」再び ネットワンら5社、循環取引の疑い

🖐 日本製鉄が約61%を出資する大株主になっている。 東芝ITとネットワン、日鉄ソリューションズが関わる取引は15年に始まっており、架空取引による東芝ITの売上高は累計で400億円超に膨らむ見通しという。

8

架空取引、東芝子会社など5社関与 循環で装った疑い:朝日新聞デジタル

😁 これまでに関与が判明した企業はネットワンシステムズのほか、日本製鉄系の日鉄ソリューションズ、東芝系の東芝ITサービス、富士電機系の富士電機ITソリューション、ダイワボウホールディングス系のダイワボウ情報システム、みずほリース系のみずほ東芝リースといったところ。

IT業界のタブー、蔓延する架空循環取引の全容解明へ…関与の大手企業社員は議員秘書に転身

⚠ 不正行為発覚の端緒は、東京国税局が昨年11月に行った税務調査だった。 不正行為の中心にいたのは、 ネットワンシステムズのシニアマネージャーだった人物とみられている。 ネットワンと日鉄ソリューションズは国税当局から架空取引の疑いを指摘され、昨年12月から特別調査委員会を立ち上げて調べている。

13

ネットワンシステムズ元社員逮捕 1500万円詐取容疑:朝日新聞デジタル

🌭 4.まとめ ネットワンのニュースをきっかけにして循環取引のことを調べてみました。 そんなネットワンが、こんなニュースで出てくるなんて。 取引を仲介する企業は付加価値を提供せず、手数料を上乗せするだけのケースもある。

4

暴かれた架空循環取引

♨ さて、今回はネットワンシステムズの決算からこの循環取引の中身を予想してみましょう。

有力メーカーや商社が関わる大規模「循環取引」疑惑が発覚!

😂 (いわゆる粉飾決算というやつですね) 3.なぜ循環取引はやってはいけないのか? 売上額をかさ増しするということは、外部から見て成長している会社であるとか、それだけの売上がある会社であるという評価をされるわけですから、株価に有利に働くでしょうし、社債を発行したりする場合にも有利でしょう。

ネットワンシステムズの利益水増し問題で行っていた「循環取引」について調べてみた|タカハマユキヨシ|note

✇ 東芝ITとネットワン、日鉄ソリューションズが関わる取引は15年に始まっており、架空取引による東芝ITの売上高は累計で400億円超に膨らむ見通しという。

11

循環取引はIT業界の商慣習なり!~今度は東芝子会社など5社が架空取引(前):【公式】データ・マックス NETIB

🤟 2017年に利益の数字をいじり始めてしまった結果そうなった可能性が高そうです。 証券取引等監視委員会によりますと、この会社は複数の企業の間で架空の取り引きを繰り返すいわゆる循環取引によって売り上げなどを決算に過大に計上していたということです。 IT業界で「実在性に疑義のある取引」が相次ぎ判明した。

16