おばみつ 定食屋。 【鬼滅の刃】伊黒小芭内と甘露寺蜜璃(おばみつ)の最終回のその後!現代に転生して結婚!?(最終回のネタバレ注意)

伊黒と甘露寺の最後は夫婦になれた?おばみつの馴れ初めと靴下のプレゼント│アニドラ何でもブログ

💅 伊黒小芭内と甘露寺蜜璃のプロフィール まずは二人のプロフィールを紹介します。 伊黒さんは目が見えないため、蜜璃を見ることが出来ない• 彼女が鬼滅隊に入隊となった理由は、添い遂げる殿方を見つけるとのことで、さらに自分よりも強い人を見つけるため柱になった理由を持ち、不死川玄弥に挨拶が返されることがなかった時には取り乱して炭治郎に泣きついたり、直後に彼から松茸のご飯が出ると聞いて笑顔になったりと、寡黙な人物が多い柱の中では珍しく、底抜けに明るく、感情の豊かな人物で、鬼に対しても凝り固まった思考を持たず柔軟に捉えることができる存在です。 可愛すぎて度肝を抜かれたそうです。

13

あのひと@おばみつのポイピク

☮ 明るくよく笑って、とても素直な蜜璃ちゃん。 彼自身はいないけれど、 しっかり蛇に対して思い入れがあることが分かってエモい。

伊黒と甘露寺の最後は夫婦になれた?おばみつの馴れ初めと靴下のプレゼント│アニドラ何でもブログ

🐝 この一族は女ばかり生まれる家系で、伊黒は370年ぶりに生まれた男児。 彼女が鬼滅隊に入隊となった理由は、添い遂げる殿方を見つけるとのことで、さらに自分よりも強い人を見つけるため柱になった理由を持ち、不死川玄弥に挨拶が返されることがなかった時には取り乱して炭治郎に泣きついたり、直後に彼から松茸のご飯が出ると聞いて笑顔になったりと、寡黙な人物が多い柱の中では珍しく、底抜けに明るく、感情の豊かな人物で、鬼に対しても凝り固まった思考を持たず柔軟に捉えることができる存在です。

伊黒と甘露寺の最後は夫婦になれた?おばみつの馴れ初めと靴下のプレゼント│アニドラ何でもブログ

⚓ 蜜璃の失敗に対しては全くネチネチ言わず、心配したりするんです。

7

【通常版】御食事処鏑丸 [とるにたりない!(ヲガタ)] 鬼滅の刃

⚑ 自分も、普通の青年になれたように感じた、 ほかのみんなも、きっと同じだったと。 ささいなことではしゃいで鈴を転がすように笑い、柱になるまで苦しい試練もあっただろうに、それを少しも感じさせない。

6

無惨戦でおばみつが死亡…2人は両思いだったのか?最後はどうなったのか?

👉 それを知られるのが恥ずかしくて、 大食漢なのを隠そうとしていた 時期もあるようです。 で、 「死なないで、伊黒さん!」と彼を心配して叫ぶ甘露寺。 おばみつ「定食屋夫婦おばみつ。

5