我 が 子 を 食らう サトゥルヌス ゴヤ。 インターネット美術館・世界の名画

我が子を食らうサトゥルヌス (ルーベンス)

😍 ルーベンスの画では、サトゥルヌスは、右手に大鎌の柄を握り、左手で子どもを掴んで食らいついている。

『怖い絵』の中から本当に怖い絵を5枚選んでみた。

🚀 しかし、実際のゴヤは孤高の人でも狂気の人でもなく、きわめて俗っぽくて人間臭い、ごく当たり前の(もちろん素晴らしい画才には恵まれていましたが)人でした。 当時、スペインはナポレオン戦争に巻き込まれ革命と戦争の時期で多くの若者が亡くなったので、その事を寓意的に表現しているというのが最も有力な解釈の1つとされている。 カルロス4世とその家族 この絵は、ゴヤが室内画家になってまもなく完成させた作品です。

17

我が子を食らうサトゥルヌス:ゴヤの黒い絵

🎇 「ボッティチェリ展」 会期:2016年1月16日~4月3日 会場:東京都美術館 公式サイト: 「カラヴァッジョ展」 会期:2016年3月1日~6月12日 会場:国立西洋美術館 公式サイト:• 食人鬼ゴール [ ] 日本でに数多く刊行されたに属する複数の書籍では「 食人鬼」あるいは「 食人鬼ゴール」という名前で紹介されている妖怪に、本作品を図版として掲載されているものが見られる(『』(1973年)など)。

《我が子を食らうサトゥルヌス》ピーデル・パウル・ルーベンス|MUSEY[ミュージー]

😔 この絵は14枚ある「黒い絵」のうち最後に描かれているので、「実は書き途中なのでは?」と読む見方もあるようです。 聾の家の壁から、、カンバスに移されたもの。 ゴヤは、国王一族を 内心バカにしていたのかもしれません。

8

《我が子を食らうサトゥルヌス》ピーデル・パウル・ルーベンス|MUSEY[ミュージー]

🙏 自慰する男を嘲る二人の女 自己満足だけだと、、人にはあざけられる。

18

「クロノスの喰らう肉片の正体は誰だ?」|渋谷獏|note

👎 読書(解読) 読書とは軽すぎる題である。 所有権がさまざま変更されたあと、家は1874年にベルギーのバロン・エミール・ダーランガーが所有することになった。

3