炭 カナ 嫉妬。 炭カナがすごくすごくすごく地雷なんですけど…

恋の味 [短編集] (ページ1)

😀 ほんの少し泣きたくなってしまうのを耐えて私もお返しとばかりに小さな体を抱き上げた。

7

恋の味 [短編集] (ページ1)

✌ 命を懸ける相手に逆に慰められてしまうなんて。 モヤモヤした気持ちのまま廊下を引き返すと 長い蝶屋敷の廊下をひたすら早足で歩く。 「ありがとう、禰豆子ちゃん」 こんな小さな体で、実年齢だってまだ十四歳。

僕の。みんなの嫉妬…

♥ 正直え〜、ってなりました、、 くっつくとか言われたらえ、、やだ。

4

炭カナがすごくすごくすごく地雷なんですけど…

👇 あの時の笑顔に始まり、今となっては自分の心で判断できるようにもなってきたカナヲの成長に喜びつつも、それ故にこういう時は罪悪感があるのだ。 」 玄関へと足を進めた時 「Aちゃん?」 名前を呼ばれ振り返ると そこには善逸くんが立っていた。

6

僕の。みんなの嫉妬…

🖖 そんなことになったら単行本買うのやめちゃうかも、、 よかったら返信コーナーで語りません?? よければです!同士の方珍しくて!!. お解りだろう。 「カナヲ!資料を運ぶのを手伝うよ! 一人だと大変だろ?」 「あ、ありがとう!」 カナヲちゃんが抱えた大量の資料を 半分持ってあげている炭治郎くん。

12

僕の。みんなの嫉妬…

👍 あれはいつもの聖人のような振る舞いではなく、炭治郎が見せた少年らしい一面だったと言えよう。 」 楽しげに会話をしながら資料を運んでいる 炭治郎くんとカナヲちゃんを見つめ 小さくため息をついた。

【炭カナは公式】先に惚れたのはカナヲちゃんではなく炭治郎だという話【鬼滅の刃】

🤑 その次の日には二人とも別々の任務に つくことになってしまい しかも、その任務で 炭治郎くんは怪我をしたらしく 今日まで入院してたから. 蝶屋敷で炭治郎とカナヲちゃんが出会った時のことを思い出して頂きたい。 遠くて小声なのでよく聞こえない。 なんて言われて挙句その原因みたいな子に不意打ちとはいえ頭突きで返り討ちだからなあ……そりゃそうなるか。

2

【炭カナは公式】先に惚れたのはカナヲちゃんではなく炭治郎だという話【鬼滅の刃】

🤟 というかなんでこの時代で金髪?外国人っぽい特徴はほぼ見当たらないから血筋ってわけじゃなさそうだし……蜜璃さんみたいに食べすぎとか? というか炭治郎くんがちゃんとこうして叱ってくれてるから他の病室から苦情が来てないんじゃ…… 「こんにちは、みんな調子はどう?」 「カナエさん!はい、まだ痛みますけど来たばかりの時よりはいいです!」 「そうよかった。 って感じです。