浅見 光彦 シリーズ 歴代。 内田康夫作品一覧【浅見光彦記念館】

浅見光彦(シリーズ) 古い順[小説]

🖐 正法寺美也子(の友人) -• 弘田(裕子の兄) -• 和村誠(中部観光交通 会長・瀬木山の後援会長) -• 料亭「殿村」女将 - 棟里佳• 加代子(お花見久衛兵の女将) - 五十嵐めぐみ• 光雲 (尊宮寺の尼僧) - 万善香織• 矢野貴志(矢野の息子・東日本第一銀行富士支店 行員) -• 7%の高視聴率を記録するなどし、大ヒットしました。

3

浅見光彦シリーズ (TBSのテレビドラマ)

😋 三郷輝子(夕鶴と透子の母・伴太郎の妻) -• 木村達男(時計屋主人・ボートの持ち主) -• 幹瀬丈一郎(由起仁の父・ファッションデザイナー) -• 放送枠は「」(第1作 - 第15作)、「」(第16作 - 第21作)、「」(第22作 - 第35作)、「」(新第1作 - 新第5作)。 戸田亘(私立探偵) -• 事実、内田は浅見シリーズ115冊目にあたる自作『黄金の石橋』に榎木をモデルにした役者・絵樹卓夫を登場させている。 一場登紀子(杉森依子の娘と偽った女) -• 竹林誠司(三重県志摩中央警察署 部長刑事) - 小野武彦• 近年は探偵としての名声が上がっているため、内田氏などの知り合いを通じて直に探偵としての依頼を受けてしまう事も多い。

12

浅見光彦(シリーズ) 古い順[小説]

💢 藤島(長崎南警察署 主任) - 小野武彦• 演 - (第15作・第16作・第21作・第23作 - 第25作・第28作 - 第31作・第38作 - 第40作 ・第42作・第44作・第46作・第50作・第52作・第53作) 雑誌「旅と歴史」の編集長。

浅見光彦シリーズに登場する光彦を取り巻く家族について

😅 櫻香の祖母 -• btn:not :first-child :not :last-child :not. 浅子健一(青森県五戸警察署 主任・吉北の部下) -• 高桑義男(高桑の息子・和泉総合病院の入院患者) - 畔上慎次• 保全投資協会 「」で初登場した、金のを持ちかけて多くの資産家・企業だけでなく高齢者をも騙して金銭を巻き上げていた詐欺集団。

18

浅見光彦、死す!? 中村俊介、最後の『浅見光彦シリーズ』

💋 島田いづみ(畝傍考古学研究所 研究員) -• 尾加倉大永(金融界のフィクサー) - 第32作「箱庭」(2008年)• このシリーズではいろいろな場所に行かせて頂きました。 原作 -•。 浅見光彦役のイメージはあまりないと思うので、少し意外に感じられる方が多いことでしょう、「悪役が最も似合う俳優」としても知られています。

浅見光彦

😒 属美代(蔵吉の妻) - 五十嵐美恵子• 笠原清美(小林の元妻) - 市毛良枝• 「浅見光彦」シリーズの映像作品のなかで、浅見光彦を演じた俳優第1号としても知られています。 成人後、ある事件の際に、その寺の住職から父親の秀一の評価を聞き、ようやくその時になって父親を自分の中で受け入れる事が出来た。

15

浅見光彦シリーズ (TBSのテレビドラマ)

👏 属佳那子(蔵吉と美代の娘・直樹の妻) - 増子倭文江• 記者 - 、佐藤智美• 広山忠緒(陶芸家) -• 和田(商工観光課係長) -• 朝倉信子(理絵の叔母・宏明の妻) - 渡辺康子• 秋本(島根県江津警察署 刑事) - 水野純一• 075 ;box-shadow:inset 0 1px 1px rgba 0,0,0,0. 現在受付けてる削除提案理由• 先代のお手伝いさんからの慣例を引き継いで、自分より年下のお手伝い吉田須美子から「坊っちゃま」と呼ばれていて、30代になってもそう言われる事に慣れはしてもコンプレックスがある。

15