井上 尚弥。 「井上尚弥は全く別の生き物」敗れた外国人ボクサーが語る怪物の実像(森合 正範)

「井上尚弥は全く別の生き物」敗れた外国人ボクサーが語る怪物の実像(森合 正範)

🖐 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月6日• THE ANSWER 2018年9月18日• 23歳の王者井上と36歳のベテラン河野が拳を交えた。 2014年12月31日、井上は、ボクシング・シーン・ドットコムとコンド・アウト・ドットコムに2014年の年間MVPに選出され 、1月1日にファイトニュース・ドットコムの2014年の年間MVPに選出された。

10

「勝利は相当な難題だ…」井上尚弥が圧倒的優位!?次戦濃厚のダスマリナス地元メディアも“白旗”(THE DIGEST)

🐾 状況を見て、ここぞというときに攻めることができる。

5

井上尚弥

☎ それでも相手にポイントは与えず、打ち合いの中で10回にダウンを奪い、10回3分3秒KO勝ちを収め3度目の防衛に成功した。 それもある一部分じゃない、すべてにおいて高い。 世界的な評価も高く、世界4階級制覇王者のカネロも海外メディアの取材でトップボクサーに井上の名前を挙げていた。

6

「井上尚弥は全く別の生き物」敗れた外国人ボクサーが語る怪物の実像(森合 正範)

😍 だが、「気をつけないといけないところはバッティングだけ。 井上選手を観るなら、パンチを振り出す際の【一瞬の腰の捻り(骨盤の回旋)】に注目だね! WBA世界スーパーフライ級王者だった河野は挑戦者のコンセプシオン(パナマ)に敗れ、4度目の防衛に失敗した。

11

【ボクシング】井上尚弥に挑むダスマリナスは〝モンスターの餌食〟?地元フィリピンは早くも“弱気”

🚀 その際、私は一つのお願いをした。 また、初出場のでは決勝で林田太郎に敗れ準優勝。

ベールに包まれた井上尚弥の相手・ダスマリナス 対戦経験者が語る (2021年5月8日)

😘 ボクシングの才能はなくても、身体の頑丈さ、継続力、そしてメンタルの強さが並外れていました。

10