労働 災害 防止 標語。 労働安全標語の作り方の一例

労働安全標語の作り方の一例

😜 交通安全標語集 交通安全に関する注意の喚起は歩行者側と運転者側の双方に必要です。 テーマ 労働安全標語のポイントとしては、テーマ(趣旨)を外さないようにするのも大事です。 労働衛生ではざっくり言いますと「健康」がテーマとなり、労働安全では「労働災害の事故防止」がテーマになります。

18

中災防:過去の年間標語

😆 「質よりも量」といった具合にできるだけ多くのワードを集めます。 全国安全週間の歴代スローガン 第1回 昭和3年度 一致協力して怪我や病気を追拂ひませう 第2回 昭和4年度 健康は身の為 家の為 國の為 第3回 昭和5年度 締めよ心 盡せよ設備 第4回 昭和6年度 安全は協力より 第5回 昭和7年度 國の礎 我等の健康 第6回 昭和8年度 國の護りぞ 身を守れ 第7回 昭和9年度 守れ安全 日本の飛躍 第8回 昭和10年度 産業安全 祖國の守護 第9回 昭和11年度 國の礎 産業安全 第10回 昭和12年度 興せ産業 努めよ安全 第11回 昭和13年度 安全報國 銃後の護り 第12回 昭和14年度 興亜の偉業に 輝く安全 第13回 昭和15年度 守れ安全 輝く日本 第14回 昭和16年度 總力戦だ 努めよ安全 第15回 昭和17年度 誓って安全 貫け聖戦 第16回 昭和18年度 必勝の生産 鉄壁の安全 第17回 昭和19年度 決戦一路 安全生産 第18回~33回 昭和20~35年度 戦後は、戦時中の産業報国運動に対する批判もあり、安全週間から統制色を払拭したいという気持の現れからも、スローガンによる呼びかけを行わず、以来、第33回(昭和35年)まで、スローガンなしの安全週間がつづいた。 あなたです かくれた危険 摘みとる主役• 建設業 安全標語集 安全衛生情報センターでは労働災害事例を更新し公開しています。

中災防:全国安全週間 全国安全週間の歴代スローガン

🤗。 陸災防(陸上貨物運送事業労働災害防止協会)では、これを前提としながらも、[交通][荷役][健康・快適職場/その他]の三つの分類で、安全衛生標語入賞作品一覧(安全標語集)を公開しています。

20

中災防:全国安全週間 全国安全週間の歴代スローガン

🤪 労働安全衛生法 労働安全衛生法の法律では、労働者の安全面と衛生面について規定されています。 強い口調 過去の作品(過去の「労働安全標語」「労働衛生標語」)を見てみると 忘れるな 基本動作と 危険予知 といった強い口調で、訴える句があります。

5

中災防:全国安全週間 全国安全週間の歴代スローガン

🤞 ただ、募集条件に5・7・5で作るようになどとあらかじめ定められている場合には、そうした条件に沿ったものを作成する必要があります。 「忘れるな」とあからさまに強い口調で言われても反発されやすく、共感を抱かせることは難しいからです。 注意しましょう。

20

電力総連

😆 危険な作業 リスクアセスで事前にキャッチ• ワードの例(上の句):ゆとりこそ、声かけで、多忙でも、あなたです、危険な作業、かくれた危険• ゆとりこそ 自分が作る 事故防止• ワードの例(下の句):事故防止、おもいやり、カバーする、摘みとる主役、リスクアセスで事前にキャッチ、先取り安全 このように上・中・下の句に分解することができます。 労働安全標語の一例と作り方 では、ここでは実際に標語を作ってみます。 労働安全標語の多くは、そうした取り組みの一環として募集されます。

18